Mac OSX 10.5 から SnowLeopardへアップデートしてみました


 以前から少し古めのiMacを使っていたところ、evernote や iPhone が iOS5 になってから一部の機能が 10.6 以上ではないと利用ができないことが増えてきた為、今回 snowleopard にアップデートすることにしました。

 SnowLepard 本体は Apple Storeで購入。3日ほどで自宅に届きました。

 今のバージョンを確認するとこのような感じ。詳細からシステムのバージョンを見ると「Mac OS X 10.5.8 (9L31a)」でした。
 実は今日の時点ですでに、「SnowLeopard」より最新の「Lion」が出ています。しかし「Lion」のアップデート要件を見ると、「Mac OS X 10.6.6 以降がインストールされた Mac が必要です。」と書いてあり(もしかしたらApple Storeからダウンロードしてインストールするのに必要なだけかもしれませんが)とりあえず Lion ではなく SnowLeopard を入れてみようと思った次第です。

 SnowLeopard へのアップグレードは簡単。届いたディスクをMacにいれて、起動するだけ。ということで起動してみます。いろいろファイルがありますが、「Mac OSX インストール.app」というファイルを実行。

 インストール画面に移り、インストール先のHDDを選んだあとはインストールするからとりあえず実行中のプログラムは切ってね、とのお達し。

 言うとおりにすると、インストールを始めてくれます。待機時間が1時間、と出たので、席を外しました。
 インストールが完了したか1時間後に戻ってみると、画面はすでに再起動されていました。

 再起動後の画面。様々な歓迎!Welocome!ようこそ!という多言語の歓迎ムードのムービーを閲覧後に出ました。

 アップデート直後のバージョン。10.6.3になっていました。アップデート完了したわ〜〜〜できたわ〜〜とミサワばりにかつて起動しなかった Evernote を起動したところバージョンが足りない、とのこと。10.6.6 以上じゃないと動作しないと言われてしまいました。悲しい。

 とはいえ、10.6系にはできたので、これなら普通にソフトウェア・アップデートすれば問題なさそうだな〜と思い、アップデート。

 しかし、アップデートはできたものの、一部動作が非常に重くなってしまいました。起動時に、下記のようなエラーがでるように。

「変換エンジンプログラムが反応していません。このアプリケーションを再起動してください。」

 一体、これはどういうことなのかと・・・。
 エラーのダイアログは、エラーメッセージが出しているアプリケーションを記載していないため、どこでエラーがでているのかが今いちわかりません。ということで検索してみると、どうやら「Google IME(日本語入力)」が原因のようでした。
 原因はいまだに不明のようですが、いったん「Google IME」をアンインストールしようにもMacではどこにるのかがわからず。言語環境ものぞいてみたところ、そもそも Google IME が消えていたのでここに問題があったのは確かのようです。
 ぐぐった結果、アプリケーションにある Google 日本語入力のフォルダを削除すればよさそう、とのことなので早速削除して再起動。エラーはなく、今のところ Evernote も問題なく起動しています。

2 Comments

  1. AUTHORshige

    on 2013 年 3 月 25 日 at 12:18 AM -

    loepardから、snow leopardにしようとグーグルで検索してまして、こちらのブログを読ませ頂きました。
    1つ質問があるのですが、iphotoはsnow leopardにアップグレードした後に、Mac app storeから購入してタイムマシンで写真を復元すれば宜しいのですか?
    もしくは、ディスクからiphotoをインストールした後に、app storeで購入という流れなのでしょうか、、、初心者で、どの様にして良いのか分からず、思わず質問してしまいました。

  2. AUTHORanachro

    on 2013 年 3 月 26 日 at 4:31 PM -

    shigeさん、こんにちは。
    いただいたご質問ですが、iPhotoの件ですよね。
    私はそこまでiPhotoは使ってないので(汗)詳細にお応えはできませんが、私が行った「Mac OSX 10.5」からのアップデートの際には特にiPhotoを再度 Apple ストアからダウンロードするという作業はしなかったような気がします。(アップデート後に普通にすんなり使えました)

    仮に iPhoto が使えなくなるといった恐れがある場合にアップデート前にバックアップを取ってから(バックアップ方法は仰っているタイムマシンからの復元で可か?も含めて私はこれまたタイムマシンを使ってないので;詳細お答えできかねます)アップデートをされたほうが安心かと思います。

    ちなみにiPhotoに関しては別件でMacbookProに古いiDVDをCDからインストールした際に認識しなくなったのをAppleストアからのiPhoto再ダウンロードと「マイピクチャ」フォルダにあった「iPhoto Library.photolibrary」というファイルをいったん別HDDに保存しておいて、それを上書きコピーで元に戻したらiPhotoの写真が元に戻った&認識し直したのでこういう方法もあるかと思います。

    いづれにしろ iPhoto に関してはお手数ですが検索すると私以外の方が書かれているブログでいろんな方法が記載されているみたいなのでそのあたりをご参考に作業されてみてはいかがでしょうか。

    iPhoto バックアップ とかで検索すると色々でそうです。

    ※データが消えてしまう、ソフトが動かない等の原因になった場合、私の方で保証できかねますのでご自身が納得いただけた上で作業されるようお願いいたします。

コメントを残す

Allowed Tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>